本文へスキップ

緑豊かで潤いのある庭づくり 庭の事なら樹木医がいる(有)エル・グリーンにお任せください

電話でのお問い合わせはTEL.025-779-3270

〒949-7252 新潟県南魚沼市水尾126

特殊伐採・特殊剪定news

施工実績の紹介



◆ロープを使ってケヤキの剪定(2019年9月 ブログ記事)

◆晴れの合間に(2019年11月 ブログ記事)

◆エンジュの伐採(2019年12月 ブログ記事)

◆長森八海神社の大杉 その2(2019年7月 ブログ記事)


(有)エル・グリーンの取り組み

イメージ画像

特殊伐採や特殊剪定を庭造りや庭の手入れの延長として2018年から取り組み始めました。

新潟県には広い屋敷林をもつ家も多く、裏の・木が大きくなりすぎて倒れたら怖い
・葉が屋根の上に落ちるので困っている
・・・
そんな依頼が増えてきたからです。

それが巨木であっても、
高所作業車やクレーン車が利用出来るのであれば、「わかりました。すぐにお伺いします(^^)/」と仕事をお受けできても、

利用できないとなると、
今の我々の技術では立ち向かえないことが多々ありました。

そして昨今の異常気象、
倒木の被害が多いですよね。被害を未然に防ぐためにも
今のうちから枝葉の量を減らしたり、危険な木は撤去をする必要があります。

そんな思いから取り組んだのが、ロープを使って木に登り伐採や剪定の作業をする方法です。

(良い呼び名が無いんだよな)
ツリークライミングというのは、木登りのレクリエーションだし・・・・
商標登録で協会でしか使ってはいけないようです。

アーボリストって知ってますか?
高い木に登り枝先を剪定したり、木を伐採作業をするスペシャリストを指す言葉です。「ア−ボ」とはラテン語で「高い木」という意味だそうです。
日本での空師と一緒かな。

アーボリストが人なら、行為は「アーボリング」って呼んで良さそうだけど、
勝手にそう呼んじゃう事にしようかな。
もしも、「アーボリング」という言葉が世に広まったら、作者は俺だな(笑)
(と思ってネットで調べたら「アーボリング」使っている人がいたようです)



仕事の依頼について

イメージ画像

◆屋敷林や庭木のみならず、神社仏閣、山の樹木も大丈夫です。

◆弊社には樹木医もいます。
『ロープを使って木に登り樹木を診断、そして足場を設置せず、アーボリングで処置をする』
そんなこともやりたいです。

◆作業車が入らず今まで作業をしてくれる会社が無くて困っていた・・・ぜひお声がけください。

◆弊社は新潟県南魚沼市を拠点に活動を行っていますが、県内はもちろん県外も大丈夫。(2019年は庭の手入れで、千葉県と埼玉県に伺いました)

道具について

ギア


大きな木に登って剪定したり、トップカット(木の先から少しずつ幹を切断)するためには、様々な道具が必要です。

そして時にはこのようにチェンソーを腰にぶら下げて木登りします。

もちろん「重て〜〜!!」となりますが、
この仕事では大概が大きな木が対象となるので鋸では歯が立たず仕事になりません。



チェンソー



弊社所有のチェンソーです。
ほかにスチールMS361という大きいチェンソーもありますが、
この写真の作業の時に持っていかなかったので写っていません。

木の上では、下側オレンジのハスクバーナ社製のバッテリーチェンソーT535i-xpが出動機会が多いようです。その上のちっちゃいエンジンチェンソーよりも大きくて重たいですが、エンジン始動をしなくてよいので安全で手軽に使えます。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

有限会社エル・グリーン

〒949-7252
新潟県南魚沼市水尾126
TEL.025-779-3270
FAX.025-779-2703
アクセス